どこかの森の中







ぼくのお気に入りのヌイグルミたちが森の中を道案内をしてくれた。













眠くなって、まぶたがおりるたびにキミたちは
ぼくのパジャマをひっぱって
「寝ちゃだめ!!」ってかわいい声で言う。

ぼくはちょっとわかってしまった

ここは夢の中の森だってこと

まぶたをとじてしまったら
キミたちとはお話ができないんだと・・・

寝ないよ・・・
寝るもんか!!

あともう少しだけ
キミたちと森のお散歩したいんだ







































inserted by FC2 system